メンバー紹介

減災ラボは、防災、ソーシャル、学問・知学、メディア、コミュニティ形成のプロ集団です。また、ユニークで多様な外部団体とも有機的に繋がっています。これらのネットワークで、未来型の減災社会をクリエイトしていきます。


代表理事:鈴木 光(すずき ひかり)

減災アトリエ主宰、防災図上訓練指導員、工学院大学客員研究員

横浜生まれ。日本大学農獣医学部では造園・緑地計画、横浜国立大学院では植物生態学を学ぶ。調査のため三浦半島の海岸を徒歩で踏破し、植物と人間のバランスについて思考を廻らす。卒業後、建設コンサルタントで9年間、環境と防災分野に従事し、主に砂防計画、自治体の地域防災計画の策定や図上訓練支援、企業のBCP策定等の業務に携わる。退職後、フリーランスの減災ファシリーテーターとして活動し、2015年に減災アトリエを設立。全国各地の自治体職員、地域住民、学校、企業等に、主に地図を使った防災ワークショップや防災講座、講演会、訓練企画等を実施。2013年にクリアファイルを使い自分だけの減災マップを楽しみながら地域の災害リスクの理解を深める減災教育プログラム「my減災マップ®」を考案。現在は、各地の学校教育現場、自主防災活動等で取り入れられている。趣味は、ジャズでアルトサックスを吹くこと(現在、少しお休み中)。

好きな言葉:笑う角には福来る イタビュー


理事:岡本 真(おかもと まこと)  

アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役プロデューサー

1973年生まれ。1997年、国際基督教大学(ICU)卒業。編集者等を経て、1999年、ヤフー株式会社に入社。Yahoo!知恵袋等の企画・設計を担当。2009年に同社を退職し、1998年に創刊したメールマガジンACADEMIC RESOURCEGUIDE(ARG

)(週刊/5000部)を母体に、アカデミック・リソース・ガイド株式会社を設立。「学問を生かす社会へ」をビジョンに掲げ、富山市、恩納村(沖縄県)、須賀川市

(福島県)、名取市(宮城県)、長崎県等において新図書館等の文化機関の整備に関わりつつ、ウェブ業界を中心とした産官学連携に従事。近年のプロデュース事例として、協働・創発型オフィス「さくらWORKS<関内>」、来訪型町屋シェアハウス「鍵屋荘」、東日本大震災に伴う博物館、図書館、文書館、公民館の被災・支援情報集約のための「saveMLAK」、ユーザー参加型研究の世界の実現を図る「ニコニコ学会β」、ガラス美術館との融合型施設である富山市立図書館新本館等がある。なお、「あのひと検索 SPYSEE」、クラウドファンディングサービス「READYFOR?」(現在は分社化)を運営するオーマ株式会社の代表取締役を兼任。

著書に『未来の図書館、はじめませんか?』(青弓社、2014年)、『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館、2006年)、『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』(講談社現代新書、2012年)、共編著に『ブックビジネス2.0』(実業之日本社、2010年)ほか。

好きな言葉:気合と根性


理事 田中 義朗(たなか よしろう)

日本工営株式会社 国土保全事業部防災部専門部長

技術士(建設部門、総合技術監理部門)、地すべり防止工事士

1970年生まれ。1993年、琉球大学理学部海洋学科卒業。同年、日本工営株式会社に入社。土砂災害調査解析・設計を担当。最近では御嶽山火山災害を契機に、富士山における登山者の安心安全システムの構築などの新規分野開拓に従事。

個人活動としては、2012年に静岡での里山活動のネットワークGroomしずおかを立ち上げ、放置竹林問題・竹の有効活用をテーマとした、「しずおか竹サミット2012」を開催するなど、里山×防災というテーマで中山間地での資源活用と防災の取組などを模索している。

好きな言葉:災いは忘れたころにやってくる。


監事 山本 美賢(やまもと よしかた)

株式会社ロックアップ 代表取締役会長

一般社団法人カワサキノサキ理事

一般社団法人防災ジオラマ推進ネットワーク監事

1963年生まれ。日大芸術学部卒、テレビ制作会社、大手カラオケ企業で通信カラオケ立ち上げからカラオケの歌唱によるカロリー消費コンテツ発案など、デジタル時代の新規コンテンツの企画開発に携わり、その後ベンチャー企業を経て2000年に制作会社である株式会社ロックアップを創業し、2016年より会長職を務める。

現在は川崎市、田園都市線沿線、溝の口を中心に新しい事業フィールドを拡大・開拓中。また大型集合住宅の防災理事着任と東北、熊本への支援がきっかけで地域の防災活動の新しい形を考え、進める中、代表理事の鈴木光と出会う。

好きな言葉:

 この道をゆけばどうなるものか 

 危ぶむなかれ

 危ぶめば道はなし

 踏み出せばその一足が道となり

 その一足が道となる

 迷わず行けよ

 行けば分かるさ 

photo by Shinsaku Imura