これからの新しい減災教育PJ


コロナ禍であっても、そうでなくても、災害はいつかやってきます。

 コロナだから・・・

 集まれないから・・・

学びを止めていても災害は待ってくれません。

 

どんな状況であっても「減災」の学びとアクションを止めないために

 

減災ラボは、2021年度に新しい挑戦をします。

 

「my減災マップオンラインプログラムの構築」です。

 

これは、2つのテーマで行います。

テーマ1 小中学校でのプログラミング授業とのコラボ

テーマ2 「my減災マップ」オンライン版ワークショップ

 

テーマ1は、地図のゼンリンが開発した地図活用プログラミング教材「まなっぷ」とコラボし、my減災マップで培ったノウハウを惜しみなく展開させていきます。2021年度に限り、希望する学校は申し込みをすれば「まなっぷ」は無料で利用できます。また、防災教育に関する動画や教材の提供、授業の組み立て方などは、減災ラボが先生の伴走をいたします。まずはお気軽にご相談ください。

まなっぷ公式サイトはこちら 

 

テーマ2は、集まってみんなで作ると楽しく地域の災害リスクの理解が深まる「my減災マップ」のオンライン版を試行します。

今までの研究活動で、なぜ「my減災マップ」が楽しく災害リスク学べるのか、備えにどれくらい繋がるのか、という効果が実証※されれいます。アナログで培った災害リスクを楽しく学ぶノウハウをオンラインでも活かしてみよう!というものです。

様々な方にトライアルを体験していただき、フィードバックをいただきたいと考えております。

ご関心がある方はお気軽に応募していただけますと幸いです。

 

今回の取り組みにより、新しい防災・減災の学び方の選択肢が増え、多くの方に楽しく学んで「備ることを”自分ごと”にして頂く機会」を増やしたいと考えております。

 

※研究論文

鈴木光:地域の災害リスクの理解を深めるmy減災マッププログラムの効果,地域安全学会論文集,pp.129−136 No.302017年3月

 鈴木光、村上正浩:my減災マッププログラムが家庭の防災行動に与えた効果に関する研究,建築学会技術報告集2021年6月

 


テーマ1 小中学校でのプログラミング授業とのコラボ

テーマ1の詳細はこちら


テーマ2 「my減災マップ」オンライン版ワークショップ

テーマ2の詳細はこちら


 

今回のプロジェクトは、減災ラボが日本財団の「2020年度 新型コロナウイルス感染症に伴う社会活動支援(1)「社会を変える活動支援」」の助成を得て活動するものです。